このページの本文へ移動
トップ支援内容> 農林商工連携・6次産業化支援事業補助金

農林商工連携・6次産業化支援事業補助金

農林商工連携・6次産業化支援事業補助金のご案内

補助の対象となる事業は、次に該当するものとします。

  1. 農林商工の複数の事業者が連携して行う新製品・新商品の開発事業
  2. 農林商工の事業者が自ら6次産業化により行う新製品・新商品の開発事業
  3. 上記新商品等を開発した後の販路開拓、商標登録事業

補助の対象者は、次のすべてに該当する事業者です。

  1. 農林漁業に従事する者並びに中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者 及びこれらで組織する団体
  2. 市内に事業所等があり、そこで1年以上事業を営んでいる者
  3. 市税の滞納がない者
  4. 事前に事業を認定された者

補助対象経費は、補助対象事業に関して次に該当するものとします。

  1. 新製品・新商品の開発研究の場合
    1. 原材料の購入経費
    2. 機械装置又は工具器具の購入経費
    3. 意匠の購入費用
  2. 販路拡張事業の場合
    1. 会場借上料
    2. 装飾費
    3. 印刷製本費
    4. 運送費・交通費
  3. 商標登録等の場合
    1. 出願料
    2. 弁理士手数料

補助率及び補助限度額等は、次のとおりです。

補助対象経費の2分の1以内で、3年間の累計で100万を限度

申請手続きは、次のとおりです。

申請手続きの流れ
相談する

何かご不明な点がございましたら、協議会へお問い合わせください。


掲載日 平成31年2月19日 更新日 平成31年3月29日
【アクセス数