このページの本文へ移動
トップ6次産業化とは> 鹿沼市の主な農産物紹介

鹿沼市の主な農産物紹介

鹿沼市では、東部(畑作地帯)西北部(中山間地帯)中南部(水田地帯)それぞれの特色を活かした農業を振興しています。
農業生産においては、水稲といちご、にら等の園芸作物を基幹とし、首都圏内100キロメートルという立地条件を活かした、生鮮野菜の一大供給基地として水稲、園芸、畜産の調和の取れた農業の振興を図っています。
そんな鹿沼市の主な農産物を紹介します。

いちご
いちご
太陽と大地からのあまーい贈りもの

「肥沃な大地」、「冬の長い日照時間」など恵まれた鹿沼の自然が育んだ、甘さ・うまさ日本一の品質を誇る「とちおとめ」。

にら
にら
スタミナ野菜の代表

生産量・品質ともに全国トップクラスの鹿沼にら。太く肉厚であり、深みのある香りと甘みは別格です。

トマト
トマト
リコピンたっぷり!

バランスの良い甘みと酸味が特徴の真っ赤に熟した大玉トマトです。

なし
なし
なしは幸せ豊かににっこり

品種は、幸水・豊水を中心とし、新高・かおり・あきづき・にっこり等が栽培されています。なかでもにっこりは大玉で肉質は柔らかく、糖度もあり食味良好です。

こんにゃく
鹿沼こんにゃく
手作りにより歯ごたえ抜群!

鹿沼市は、良質のこんにゃく芋の産地です。3年かけて生産された在来種のこんにゃく芋(粉)を江戸時代後期と同じ手作り製法で製造しています。

そば
そば
大地がくれた豊かな香り

鹿沼産のそば粉を使用し、そば店では手打ちで提供。生そば・半生そば・乾麺・そば粉をお楽しみください。


掲載日 平成31年2月20日 更新日 平成31年2月21日
【アクセス数

カテゴリー