このページの本文へ移動
トップ相談する> よくある質問

よくある質問

相談について

対象となる事業は何がありますか。

  • 農林商工の複数の事業者が連携して行う新製品・新商品の開発事業
  • 農林商工の事業者が自ら6次産業化により行う新製品・新商品の開発事業
  • 上記新商品等を開発した後の販路開拓、商標登録事業

相談に費用は発生しますか。

相談は無料になります。
 

鹿沼市の補助金について

鹿沼市には6次産業化に関する補助金はありますか。

  • 農林商工連携・6次産業化支援事業補助金
  • アグリ・ビジネス事業補助金(2019年度のみ)
があります。
詳しくは「支援内容」をご覧ください。

「農林商工連携・6次産業化支援認定事業」とは何ですか。

農林商工の事業者が連携、又は自ら6次産業化を行う新製品・新商品の開発事業に対し、事業計画の認定を行い支援する事業です。

「農林商工連携・6次産業化支援事業補助金」の対象となる事業者を教えてください。

  • 農林漁業に従事する者並びに中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者 及びこれらで組織する団体
  • 市内に事業所等があり、そこで1年以上事業を営んでいる者
  • 市税の滞納がない者
  • 事前に事業を認定された者

「アグリ・ビジネス事業補助金」とは何ですか。

特産物を活用し、農林商工連携・6次産業化による高付加価値化、需要の拡大を通じた収益力向上を図る事業に対し補助します。(2019年度のみ)

「アグリ・ビジネス事業補助金」の対象となる事業者を教えてください。

  • 農林漁業に従事する者並びに中小企業基本法第2条に規定する中小企業者及びこれらで組織する団体並びにその他協議会が認める者
  • 市内に事業所があり、事業を営んでいる者
  • 市税に滞納がない者
 

国の支援・法律

6次産業化に係る支援全般を知りたい。

農林水産省の「6次産業化支援活用ガイド」に支援策がまとめられていますので、ご参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/kikaku/katsuyou.html

六次産業化・地産地消法について教えてください。

六次産業化・地産地消法は平成23 年3 月1 日、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」、通称「六次産業化法」が施行されました。六次産業化法は、地域資源を有効に活用し、農林漁業者等による事業の「6次産業化」に関する施策並びに地域の農林水産物の利用の促進に関する施策(「地産地消等」)を総合的に推進することにより、農林漁業等の振興等を図るとともに、食料自給率の向上等に寄与することを目指しています。
 

総合化事業計画について

総合化事業計画とは何ですか。

農林漁業者等が、農林水産物の生産及び加工又は販売を一体的に行う事業活動に関する計画を策定し、農林水産大臣が認定するものです。認定を受けると融資制度上の優遇や農林水産省のホームページへ認定事業者として掲載・公表されるといったメリットがあります。

総合化事業計画に必要な書類はどこにあるか知りたい。

農林水産省の「総合化事業計画」をご参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika/sinsei/index.html

掲載日 平成31年2月20日 更新日 平成31年3月12日
【アクセス数

カテゴリー